テレビドラマ

今回やってるドラマって、ちょっと身につまされる感じで
「最後から2番目の恋」とか「恋愛ニート」とか
自分と重ね合わせて、共感したり、妙に切なくなったり・・・

台詞のひとつひとつに実感がこもってて
気持ちがよくわかるから、観たいんだけど、その反面、
その日の気分によっては観ているのが辛くなって
最後まで見続けられなかったりするのです
たった、1時間の番組なのにねえ

そんな訳で、録画して観てるんだけど・・・
まあ、そこまでして観なくてもって気もしますが
やっぱり、同年代としてはどんなことを考えて日々生きているのかが
とっても気になるわけです。

自分の生き方ホントにこれでよかったのかなあ・・・とか、思ったりして
以前は、私は私って感じで多少淋しくても結構頑張れたけど
最近は年をとったせいか、やたら淋しくて、
誰かと一緒にいたいよ~って感じで、なんか弱くなったなあって・・・
そんなふうに思う訳ですよ

もともと泣き虫で、気が小さくて、ひとりじゃ何にもできなかった
それが嫌で
人前で泣かない、人に頼らないで頑張る・・・なんてある日突然決めて
頑張ってきたけど
最近、ちょっと疲れてきちゃったのかなって感じで

今まで、結構何とかなるさって感じで生きてきたけど
やたら最近ネガティブになってる・・・
そんなことを思うようになる年齢になったってことなのかな?







かぎ針編み

最近やたらと「かぎ針編み」の本のCMやってますね。
小学生の時、初めて編んだマフラーはかぎ針編みでした

当時は、かぎ針は初心者の子供、大人になったら棒針・・・
みたいなイメージを勝手に持っていて
棒針編みができるようになったら、大人になったような気分でした。

以来・・・
(と言ってもそんなに多くのモノを編んだわけではありませんが)
棒針が主流だったので、かぎ針が懐かしく
その上、第1巻は390円という低価格で、毛糸と編み針もついてくる・・・
となると・・・1日に数回見続けたCMも手伝って
遂に買ってしまいました

さっそく封を開け、モチーフの1枚を作製。
昔は基本も知らずいい加減に編んでいたから
でこでこしてきれいな四角に編めなかったけど
こうして、ちょっと基本の編み方を読んでみれば
意外ときれいに編めるじゃん・・・と、結構自己満足。
まあ、ただの四角を1枚編んだだけなんですけどね

で、これだけではちょっと物足りず
編み物の本を購入、そして、毛糸屋さんに出かけました。
小物バッグを作ってみよう・・・と毛糸を購入し
約半分程度のところまで出来上がりました。

よ~く本をみると、かぎ針編みって結構高度な技術使ってるみたいです
見た目もきれいだし、レースみたいな編み方もあるし
ちょっとはまりそうな感じです

ところで、「かぎ針編み」の本のセット、1どうやら9巻で完成みたいです。
ただし、2冊目からは、1冊890円・・・
確かに、毛糸1玉ついてきますが、高いのか安いのか

次回号発売日に、まだ私の編み物の熱が冷めていなかったら、
きっと購入していることでしょう

厚さにびっくり!

せっかく電子カルテにかかわる仕事をしているのだから
医療情報などちょっとシステムのことも勉強しようかな
などと、思ってネットサーフィンしていたら
「医療情報学会」ってのがあって
そこで「医療情報技師」の検定試験をやっていることを知りました

受験資格は特になかったのでテキスト類を注文したら
本日届きました・・・想像以上にでっかい箱が・・・
中を開けると1冊2cm~2.5cmくらいのテキストが・・・

試験は「医学・医療」「情報処理技術」「医療情報システム」
の3つの分野があり
その為か分厚いテキストは3冊
上記テキスト3冊だけでは難しすぎるので
入門書的役割を果たすものらしい「サブノート」が1冊。
最後に試験問題の解説集が1冊。

いや~ちょっと勉強してみよう~なんてレベルではないことが
よ~くわかりました

ざっくり眺めたところ
「医学・医療」はともかく、「情報処理技術」に至っては、
外国語にしか見えませんわ
1ページ目にいきなり2進法・・・とかが出てきて
無理~って感じです。
でもまあ、「医療情報システム」あたりは
本来私が知りたいと思ったことが書かれており勉強になりそうですが・・・

主に受験するのはSEさんたちのようですが
SEさんたちにしてみたら「医学・医療」はきついだろうな~と思います。
でも、やっぱり、医療現場で電子カルテを取り入れる以上、
医療現場はシステムの理解が必要だと思うし
SEさんたちにも医療現場の理解をして欲しいなあと常々思います。
だから、医療情報技師を持ってた
電子カルテ導入チームのSEさんたちは
これだけの医療の勉強もしたんだな~と思うと、
ちょっと尊敬です

受けてみよっかな~などという軽い気持ちは一気に吹き飛びました
ちなみに、試験は夏頃のようです

新年、あけましておめでとうございます

年が明け、既に1週間以上経ってしまいました
病棟勤務を離れたため、
今年の年末年始はほぼカレンダー通りの休日でした。

世の中のお正月ってこんな感じ?などと思いつつ
しかし、慣れない休みをもらってもどう使ってよいのやら
なんだか変な感じでした。

そんな訳で、元旦から
実業団駅伝やら箱根駅伝やらをずっと見ていました

箱根は毎年感動です
特に、東農大の5区の選手の頑張りには感動!
レース開始後選手変更はできないってルールだったんですね
それにしても東洋大はすごいです。
昨年までは強い人がひとりいると駅伝ってかてるんだよなあ~
などと、覚めたことを思っていましたが、
今年は、みんなが強かった
でも、スポーツって勝っても負けても感動を与えられるんですよね。

箱根駅伝を見ると、毎年自分も走りたくなります。
けど、外は雪・・・道は凍ってるし・・・などと思っているうちに
その気持ちもだんだんと薄れて行ってしまうのですが・・・

昔はちょこっと走ってました。
まあ、制限時間ぎりぎりの市民ランナーですが・・・
けど、年をとるとともに、一緒に走る仲間が減り
なんとなく走らなくなり・・・
でも、いつかはホノルルマラソンを走りたいなあ~などと
思う今日この頃なのです

なんとな~く、だらだら流されてきた近年ですが
今年はちょっと、目標を決めて
何かきちんと残したいなあなどと思っています。

たまにしか、更新してないブログですが
たまには遊びに来てください、
今年もよろしくお願いします

片付け・・・捨てる!

本に書いてあった通り、まず捨てることから始めました
「手にとってときめかないものは捨てる」
わかりやすいけど・・・ちょっとたくさんのものたちにかわいそう

けど、まあ、そんなことも言ってられないので
衣類と本類を分別しました

そのまま、ゴミ回収・・・も後ろめたいので
リサイクルショップへ
衣類は引き取ってもらえただけでも良しって感じですが
なんと本は6740円になりました

あらあら
こんなに価値があった本を
棚や押し入れに押し込めといたのね・・・と思うと
申し訳ない気分です
どこかで誰かが読んでくれることを願って・・・

そんな訳で、モノはかなり減ったはずなのに
なかなか、スッキリしませんねえ

片付け本・・・

何冊か片付け本を読んできたけど
今回ほどピタッとくるものはなかったなあ

「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵著
今、ベストセラーです
2~3時間あれば読めます

テレビや雑誌でもこの片付け方は特集されてて
セミナーも満席で申し込み不可状態です

なんといっても
ときめくかときめかないかで捨てるものを決める・・・ってのがいいです
必要か必要でないか・・・だと、必要かも?って思うと捨てられない
そして、1つ1つ手にとって感謝して捨てましょう・・・ってのも
捨てるのって、なんとなく罪悪感がありますからねえ

それから、一度片付けたらリバウンドしない・・・
これも、魅力的です

とりあえず、本に書いてあった通り
衣類から始めました
既に、ゴミ袋5袋分・・・
いくら感謝して・・・とはいっても心苦しいので
リサイクルショップへでも行ってみます

この本に忠実に片付けたら
片付け下手の私でもきれいな部屋に住めるかも
そんな気がしてます


人生がときめく片づけの魔法
サンマーク出版
近藤 麻理恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人生がときめく片づけの魔法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


急に寒さが・・・

つい最近まで半袖でも暑かったのに
長袖着こんでも薄ら寒い感じ・・・

台風も地震も・・・
ホントどうなっちゃってるんでしょうね

その上、人工衛星のかけらが落ちてくる・・・とか

大切な人が離れたところにいるので
なんか起こるたびに大丈夫かな?と
ドキドキハラハラです

ちょっとメールが返ってこなかったり
たまたま電話に出なかったりするだけなのにね

まあ、本人はそんな心配も知らず至って呑気そうでしたが・・・

ジューシー???

先週の「うちごはん」で
もっちり・ジューシー・パリパリ餃子ってのをやってた

お~!簡単そうじゃん
と思った私は、休日の今日さっそく材料を調達して作ってみたのだけれど・・・

んんん
もっちり・・・にはなったかな
ジューシー・・・皮が破れちゃって・・・
パリパリ・・・
ってな感じになっちゃった

最後の水の飛ばし方が甘かったのね、きっと
それに、ちょっとニラが多かったかしら?

手のひらサイズです!

こんなにちっちゃくても
ちゃんとトイデジカメです

画像


パソコンに転送しないと画像が見れないってのも
ちょっといいかも・・・

後で見て
こんなふうに取れてたんだ・・・とか
うまくとれなかったとか

フィルムカメラの時のドキドキ感が味わえそうです

CHUMSのバッグ

買っちゃいました~

画像


ちょっと、ちっちゃめかな?
でも、一泊旅行ならこのくらいコンパクトで行きたい。。。

メディエーション

メディエーションの研修に行ってきました。

医療者と患者家族の思いのズレ
誤解をしたまま、
患者家族は医療者を恨み
医療者は患者家族にクレーマーのレッテルを貼り・・・
なんてのは、やっぱり淋しいですよね

そんな時、お互いの思いをうまく引き出してくれる仲介役がいたら

ミスでなくても予期せぬ事態は起こります
あらゆる手を尽し、救おうとします
けど、不幸にして助からなかった場合・・・
医療者だって人間です
必死で助けようとしている人ほど、動揺し自分を責めます

けれど、患者さんの家族の前に立つときは
冷静に、きちんと、事実を説明することが唯一自分にできること
患者さんや家族に対する誠意だと信じて・・・

そんな姿が、家族には冷たく見えるのですね
なぜ、こんなに冷静でいられるのか
人がひとりなくなっているのに・・・
ちゃんと救おうとしてくれたのか
仕方ないとすぐにあきらめたのではないか・・・

病院に行ったんだから治って当たり前
最近は治療が順調に進まないと
すぐ、医療ミスじゃないのか…って言われがちですが
すべてを医療ミスとして捉えられたら悲しいものがあります

医師が1%の危険性があります・・・と説明した時
医師は100人に1人の危険な処置・・という思いを持っていたとしても
患者は99%大丈夫だから安心・・と思う
こんな、認識のズレが悲劇を起こすのでしょうね

メディエーター・・・
中立的な立場で受け止めて聞く・・・
という意味ではカウンセラーとかなり似ているなと思いますが
必要なんでしょうね・・・医療現場には特に




かわいい!

久しぶりの平日のおやすみ・・・
街中をフラフラしていたら見つけました
かわいいでしょ

この、ほのぼのした顔に
引きつけられちゃいました

画像

レポ返却。。。けど

ちょっと気合入れてレポ3本提出したのですよ
「人間論」
「犯罪心理学」
「市民論」

で、2科目は合格したんですけどね
「人間論」が・・・
厳しいわ

キーワードやまとめ方等
レポ作成の為のかなりのヒントは貰ったけれど
むずかしい・・・

浴衣で・・・

ずっと抱えてた人間論のレポ1、やっと提出しました
そして、なんと今年初のレポ提出です
そして、次のレポにも取り掛かりざっくり書いたので
明日には何とか提出~といきたいところです

世の中は夏祭り・・・
私の済んでいる地域も本日はお祭り
夕方のニュースでその様子を写していました

浴衣を着ている人が結構多くて
そういえば、最後に浴衣を着たのっていつだったかな
たまには着たいなあと思ったりしました
すごく特別なイベントって気がしませんか

涼しげに見えるし
夏の風物詩って感じですよね

今年は節電…って言われてるから
昔からの涼しい対策なんかもよみがえってきているんじゃないのかな
打ち水とか・・・扇子とか・・・

日本の文化が見直されてるって感じがします

単位認定試験

振り替えで受講していた放送大学の単位認定試験
本日2科目目が終了しました
今までずっとメディアだったから
あんまり緊張感もなく受けていたけれど
試験会場へ行くと、ちょっと緊張感

でも、さすが放送大学って感じで
ホント、全国どこでも受けられるのね、便利だわ
車でちょこっと行くだけで試験会場があるんだから

でもこれ、スク分だけみたい
レポは武蔵野の方で提出が必要・・・

昨年からちっとも進んでなかったから
ちょっと気合入れて勉強しよっと
せめて、昨年受けたスクやメディアのレポ分くらいは何とか

いまだに「人間論」のレポが未提出なのよね

売店が・・・

勤務している病院の売店がコンビニになりました
これで、24時間営業か…と思いきや
なかなか、そうはうまくはいかず
営業時間はさほど変わらないらしい

でも、品ぞろえはかなり良くなった
いつもに増して混雑しているみたい

これで、安心してお昼ごはん買いに行けるわ

初・・・

ストレートパーマかけてみました・・・縮毛矯正ってやつです
初体験・・・

むか~し、まだ、下敷きに張り付けてた頃
一度だけかけてことがあったんですけど・・・いまいちって感じで
それからずっとご無沙汰

でも、最近、今の技術は進んでるからまっすぐになるよって言われて
遂に、行ってきました

確かに、すごいわ
こんなにまっすぐになるなんて思わなかった
しかも、トリートメントをしっかりしてもらったおかげでサラサラ・・・
まるで自分の髪の毛じゃないみたい

これで、毎朝のドライヤーとの格闘がなくなる