いま、思うこと

うっかりしていたらそろそろ夏も終わり・・・


久しぶりに、ホント久しぶりに、自分のブログを開いてみました

いつからこのブログを始めたんだろう?

そう思って、過去にさかのぼってみると・・・

2007年あたりのようです


看護に対する自分の思いが書かれていました

情熱を持って看護に取り組んでいたのだな・・・と懐かしく思い出しました


いま、私は看護からちょっと離れた仕事をしていて

だけど、看護がしたい!そう、心から望んでいるわけでもなく・・・


最近、ときどき思うんです

長い間、看護に関わってきたけれど

私は自信を持ってそのことを人に伝えられるのだろうか

私は看護師だと、人に言えるのだろうか

そして、このまま看護師だと言い続けていいのだろうか


昔のブログを読んでみたら

その答えがちょっと見えてくるような気がしてきました


などと、ちょっと神妙に書いてみましたが

常にこんなことばかりを思いつめて考えているわけではありません



24時間テレビ・・・いま、大島美幸さんがゴールしました

笑顔いっぱいの、素敵なゴールでした



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年09月04日 19:02
わたしも看護師の端くれですが…、実は看護という言葉があまり好きではありません。
 看護という言葉を目鼻にかけて二言目には看護という人が良くいますが、そんな人に限ってろくな奴はいない気がします。
 一番看護をしているは、患者さんの家族、その献身さや愛情にはかないません。私たちは、それに加え少し知識と医療器具が使えるだけ…。看護業務のほとんどの事は普通の人でも習熟すれば大半の事が出来ると思っています。
人として自分のできることを一生懸命やるだけです。
 この記事を読んでふと、そんなことを感じました。
すいか
2013年09月04日 23:19
GAKUさんへ
そうですね…確かに家族の愛情にはかないません。やっぱり、そういう謙虚な気持ちは大切ですよね。長くなると、ついつい看護ってのはさーなんて偉そうに言ってしまいがちですが…

この記事へのトラックバック