夜間せん妄

昨夜は夜勤でした
昼間入院したばかりの患者さん
19時頃から、あれなんとなくこの人変かも
と思っていたら案の定
酸素チューブを外したり、点滴を抜いてしまったり
ベッド周囲は血だらけに・・・

90歳代のおばあちゃんです
さすがに主婦ですね
「こんなに汚しちゃったから、家に行ってちょっと洗濯してくるわ」
時すでに23時・・・
「今日はここに入院したんだよ」
などという、私の言葉には耳も傾けず
「いいの、いいの、家はすぐ近くだから、5分あれば行けるから・・・」

酸素外してるから、ぜーぜーはーはーしてるのに
こういうときって苦しさは感じないみたいです
「洗濯はね、病院でするからいいんだよ、今日は寝ようね」
と、安定剤を1錠差し出すと、意外と素直に内服
「悪いね~ありがとう
もともとは丁寧ないい人なのね、きっと

けど、やっぱり、ベッドから降りたり、点滴引っ張ったり行動は怪しい
「注射しようか~」
「悪いね、ありがとう
ってなわけで、肩にプチっと1本
ようやく眠りについたようです

高齢になると、入院っていう環境の変化だけで
自分の今の状況を把握できなくなってしまうんですよね
まあ、薬はできるだけ使いたくはないけれど
ギラギラしたまま眠れないと翌日まで引っ張ってしまうし
とりあえず、夜は寝て頂いて・・・

2~3日経ては、ウソのようによくなるんですけどね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年05月10日 18:04
なんだか、大変だけど、憎めないかわいいおばあちゃんですね。
人によってはスタッフに手がでる方もいますから・・・。
 せん妄で、とんちんかん何だけど、なんとなく会話が成立してコミュニケーションが取れているところがとってもナイスです。
すいか
2010年05月11日 21:22
GAKUさんへ
なぜか、せん妄の患者さんって憎めないんですよね。全くもう!って思うんだけど、どこかかわいい。あの、笑顔にやられちゃうんですよ♪

この記事へのトラックバック