新人教育~夜勤見習い2日目~

新人さんの見習い夜勤2回目終了です

今回は前回と違って患者さんも少し状態に変化があったり
入院や転棟で新しい患者さんがいたりして
1回目より、ちょっと忙しい夜勤でした

前回は点滴やカテーテルのルートなど身体の下になっていたり
枕の位置を直していなかったので気をつけて・・・
と言っておいたのだけれど
巡室の最初から、同じ注意を連続3回
まあ、以後はきちんとやっていたみたいでしたが・・・

とりあえず、何もなければ・・・
つまり、患者さんの状態に変化がなく、予定通りのことをやる分には
まあ、さほど問題はないのではないかと
細かいことを言えばきりがないけれど
新卒で初めてひとり立ち夜勤をする・・・という最低ラインには達しているし
だから、そういう面においてはひとり立ちさせてもいいかなと

ただ、変化があった場合のことを考えると厳しいかなと
ひとり立ちさせていいものか、非常に迷うわけです

夜勤は3人でやっていますがそれぞれチームが違って担当も違うわけで
変だということを他のメンバーに伝えることが出来ればいいんですけれど
今回の様子をみていても
その変化に気づくことが出来ない
血圧や血糖の値を測定できても
その値がその患者さんにとっていいのか悪いのか判断できない

まあ、判断できなくてもいいんですよ
こんな値なんだけど、医師に報告した方がいいか様子を見ていいかって
相談することさえできれば・・・
でも、気づいてくれないとね
他のメンバーもその人の担当の患者さんすべて把握できませんからねえ

で、2回目も終わったことなので一応聞いてみた訳です
「今日はどんなことに注意して仕事をしようと思ったの?」
(・・・・・)
「じゃあ、前回注意されたことはどんなことだった?」
(・・・・・)
「メモ見て答えてもいいよ」
(書いてありません・・・)

だそうで・・・

そういえば、日勤からの申し送りの時
申し送った内容メモしなくていいんですか~って注意されてたな

それから、自分が日勤へ申し送る時もいろいろ突っ込まれていた
多分、自分で把握していないからきちんと申し送りできないんだろうね

他のスタッフからはまだひとり立ちはやめてください・・・と言われるし

でも、私以外の人・・・つまり日勤者にいろいろ指摘されたことで
これじゃいけないと思えたのならいいんけどね

次は3回目・・・一体何回見習いやるんだって感じですけど
今回のことを良く考えて次の夜勤に望んもらいたいものだと・・・

(次回の夜勤ははきちんとできるように頑張ります)というので
「夜勤できちんとできるように日勤できちんと出来るようにしておいてね」というと
えっ って顔してキョトンとしてました
「日勤も夜勤もあること一緒だよ」
(はあ~)

おいおい、日勤で出来なかったら夜勤で出来るわけないでしょ
大丈夫かなあ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック