なんでかな~(新人教育 その5)

多分、5回目ぐらいになるだろうと思うのですが・・・

ちょっと前に副看護部長がやってきて、
2年生新人さんの振り返りノートを見て行きました
1ページ読んだだけでどっと疲れた~といっておりました

内容は相変わらず、看護師とは言えないようなものばかり・・・

ちょっと認知症のある男性の患者さんが昼食後車椅子に乗っていたのですが、
ナースステーションにいるか、車椅子ベルトをするかどっちか選んで!
と、ちょっと強い口調で言っている場面に出くわしたのです。
患者さんはどっちもいやだと拒否し、ベルトなしで部屋に戻りたいといっていました
そしたら、ベルトしないでいる人なんかいないよ!
と、更に強い口調で言っていたのでとても気になり、
どうしてそのような対応をしたのか振り返ってもらいました。

その前段階として患者さんが看護学校の先生に手を挙げたらしく
(たまたま、学生の実習中で、学校の先生も来ていたのです)
そのことに怒りを覚え、そのような発言に至ったのだとのこと

男性が女性に手を上げるなんて許せなかった・・・んだそうです
(おいおい、相手は患者さんだよ・・・

患者さんは部屋でも車椅子ベルトをするように学生さんや先生に言われていたのですが
あまりにしつこく言われたので、そばに来るなと手を振り払ったそうです
それが、先生の顔に当たったようですが・・・
(別に普段から暴力的な人ではなく、時々興奮しますが
ちょっとそっとしておけば、穏やかになります)

その場面を見ていたの?
と聞いたら、見ていました。だから、許せなかった・・・と

なんで、間に入ってあげなかったの?
と聞いたら、先生がひとりで対応したいと思っていると思ったから・・・

危険だと思ったんでしょ?
思いました。けど、自分より先輩の先生に言ったらいけないと思ったから・・・

理解に苦しみます

じゃあ、患者さんはなんでそんなに興奮してしまったんだと思う?
面会者が多かったから・・・そばにいて欲しくなかったんです

他にはどんな気持ちだったんだと思う?
あっちに行けって言ってたんだから、ここにいて欲しくなかったんです。

さらに、しつこく他には・・・?
と聞いたら
じゃあ、そんな気持ちだと思うんですか?
と、逆に質問されてしまいました・・・

普段の患者さんの姿を見ていればもう少し想像できると思うんだけど・・・

この患者さんは、車椅子に乗って病室から窓の外を眺めているのが好きなんです
以前には、せん妄もあり車椅子から降りようとしたりという危険行動もありましたが、
最近ははっきりしていて危険行動もほとんどなくなっていました
興奮するのはいやなことをされた時ぐらい・・・

この患者さんにはこういう風に対応すればよかったとか
こうしてあげたかったとか
何かそんな看護目線のことが振り返りの最後に書かれていることを期待したのですが、
リーダーに相談する必要があった・・・と一言書かれていただけでした

この状態でも、一度は夜勤見習いをやらせるように・・・と言われ
まあ、やらせてみるのは良いけれど、
技術的なことではなく、看護師として・・・と言うか人間的な部分なので
評価の指標が難しい

で、また、面接です
夜勤が今まで入れられなかった理由を説明しましたが、
本人は、今出来ないのは夜勤をやらせてもらえないからで
夜勤という場を与えられればきちんとできる・・・そうです

それから2時間半もの、長~い面接
じゃあ、他の人はみんなこれをクリアして夜勤やってるんですか
と、ちょっと逆切れされましたが、
いろいろな場面を振り返ることで、自分なりに納得したようでした。

これが、先週の初めの話です

そして今日、また、同じような振り返りをしてきて・・・
今後どう関わっていくか、同僚と検討中です




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kaiっち
2009年02月22日 07:42
後輩の指導、難しいですよね。
まだ仕事をしていたときに「臨床指導者研修会」というものに参加したときがあったんですが、その時の事前レポートで「後輩の指導に困ったケースについて書いてくる」というものがありました。ケースの発表とかを聞いていて、まさにすいかさんのケースとみんな同じような感じでした。
その時の講師の先生が話したとこで「期待が大きいから、何で出来ないんだろうとか腹が立ってくるんですよ」と言われたんですよね。そういわれても、人の命に関わる仕事だし、期待しないって言われても・・・って感じでした。「ここまで出来て欲しいというレベルを下げるのか?でも、もう○年目だし、レベルを下げると言っても・・」と釈然としない感じだったんですがね。
今は、子供を怒りそうになる時にその事を思い出すのですが・・・。
子供とは違い、社会人ですもんね。難しいです。
何年か前の話ですが、やはりちょっと困った新人がいて指導を何回かしていたら、突然「師長を呼べ!」と親が病棟に怒鳴り込んで来た新人もいました。
自分が新人だった頃と時代が変わってしまったのか、指導もやり辛いですよね。
すいか
2009年02月22日 11:37
kaiっちさんへ
親が怒鳴り込んでくる!というのもすごいですね。恐ろしい世の中です。
やっぱり、適性ってのもあると思うし、看護学校でそこのところ見極めて欲しいわ~って思ったりします。
技術や知識はいくらでも教えられますが、看護以前の人間性の問題もありますからね。そのあたりを理解してもらうのは難しいです。

この記事へのトラックバック

  • 「デキる営業マン」育成マニュアル 【戦術編/戦略編】

    Excerpt: 一流といわれる大学を出ていながら、礼儀・常識が全く出来ていない新人営業マンテンションだけが空回りしている(正直少しうるさいです)若手営業マンうだつの上がらないという言葉がぴったり当てはまってしまう中堅.. Weblog: ITC racked: 2009-03-13 12:25