第4回目終了~

看護学校の授業、第4回目終了です
今回はひたすら演習の90分・・・
ベッドアップやポジショニングなどの体験をしてもらいました

学生さんってホント反応がはっきりしてて面白いですね
素直なんでしょうけど・・・

でも、実際に自分で体験することで
安定した体位を取らないといかに苦痛かということを
実感してもらえたようでした

今、就職してくる新人さんの中には、
「こんなことされたら自分はどう思う?自分だったらこんなことされたい?」
って聞くと、すかさず「いやです!!」って平気で答える人とかいるし・・・

「じゃあ、患者さんの気持ちをもっと考えて看護をしようよ」っていうと、
「そうですね」と初めて知ったかのようにノートにメモる人までいる始末

そんな看護師にだけはなってほしくはないわ・・・
と、切に願う今日この頃なのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月14日 01:12
すいかさん、講師の先生お疲れ様です。
演習って大切ですよね。頭でわかっているのと身体が思い通りに動くのとは、また違いますからね。
わたしも、学生時代に最初の実習に出たときは、校内でやった演習のことをイメージしながら臨んだものです。
すいか
2008年11月14日 14:47
GAKUさんへ
結構責任重大ですね。学生さんたちが患者さんに接するときの助けに、少しでもなれればいいなと思います。

この記事へのトラックバック