初体験

先日、看護学生の臨床実習指導者を初体験しました
結構長く看護師をしているけれど、
私は、学生の教育指導にはほとんど関わることなく過ごしてきたので、
こんな、正式な指導者をするのは初めて

病棟の中には実習指導に携わる看護師が4人いるのだけれど、
この日は勤務の都合上、どうしても調整がつかなかったため、
私にピンチヒッターが回ってきたわけです。
密かにドキドキ・・・

でもね、学生さんたちはみんな楽しそうに(?)笑顔で実習してくれていて
ホッとしました。
通常数週間の実習期間中は同じ指導者が関わるので
ピンチヒッターの私に気を使ってくれていたのかも知れませんが

しかし、今の学生さんたちってたくさん勉強することがあって大変ですね
もし、自分が今学生だったらと思うと恐ろしいです
きっと、卒業できないでしょう・・・
それほど、医療が進歩し、
看護師にも高度なことが求められるようになったのかも知れませんが

とにかく、大変貴重な経験でした
看護師の一言って
良くも悪くも学生さんに大きな影響を与えるのだということも実感しました
そして、学生さんには看護師にはない偉大な力があるのだとも感じました
一日中患者さんに寄り添って声をかけたり散歩に行ったりしてくれる学生さんは
患者さんにとってすごく良い刺激になります。
患者さんはとてもいい表情になるし、いい笑顔を見せてくれます。
おむつを使っていた人が、ポータブルトイレに移動できるようになったり、
自分でご飯が食べられない人が自らスプーンを握るようになる

ひとりの患者さんしか受け持たない学生さんと、
多くの患者さんを受け持たなくてはならない看護師では
どうしてもひとりの患者さんにかける時間は少なくなってしまうけれど、
そこはプロだから、経験で何とか少しでもカバーしたいなと思った一日でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月07日 22:49
こんばんは。
実習する学生さんも大変だけど、指導する人も大変ですねぇ。学生さんに接して彼女達の純粋でひた向きな姿勢にハッとすることがあります。指導者も彼女達から学ぶことがたくさんあるし日常の業務でマヒした部分に気づかされることがあります。
実りある学びを与えてあげてください。
すいか
2008年09月08日 14:24
いつの間にかなんとなく仕事をこなしている自分になっていました。患者さんと関わることに一生懸命な学生さんたちに、教えられることって、ホントたくさんありますね。

この記事へのトラックバック