京都からの帰りに・・・

帰りのローカル線の中での出来事です
すっかり疲れた私たちは一眠り・・・
ちょっと目覚めて、少し退屈していた時のことです

途中の駅から、60代くらいのご婦人が乗ってきました
一見ちょっといいところの奥様風の方で
私たちの前の方の席に知り合いを見つけたようでした
「まあ、こんなところでお会いできるなんで、うれしいわ・・・」
から始まって
「主人は○○会社の重役をしておりますの、おほほほ・・・」

知り合いの方はちょっと引いていたような感じでしたが
そんなことにはお構いなくひたすら話し続けていました
しかも、車内中に響き渡るような大きな声で・・・

耳を澄ませなくても話の内容はほとんど聞き取れるような勢いで
なんだか聞いているうちに
おばさんいい加減にしてくれよ!みたいな気分
この人の品格だけでなく
ご主人の人柄まで疑ってしまいたくなるような有様でした

ほんと、文句のひとことぐらいいってやりたくなった時
前方からすたすた歩いてきた中年の男性が一言
ピシャッと注意してくれて、心の中で拍手喝采でした

ところがこのご婦人
誤ることもなく、
「あらまあどうしましょう
わたくし、そんなに大きな声で話していたかしら?」

いやですねえ
重役婦人かなにか知らないけど品が感じられなかった
こんな風に年をとりたくないです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック